数字が痛い自然災害

 記録的な猛暑だった夏の終わりに、自然災害が相次いでいる。和歌山県は先月下旬の20号、今月4日の21号と大型台風が立て続けに直撃し、その規模やルート、雨量の多さに、あらためて日本を襲う台風の変化を実感させられる。

 4日の台風の風は凄まじかった。会社で記事を打ちながら、地響きのような風の音、揺れる社屋、何かが飛んで地面に打ちつけられる音に意識が奪われ、原稿が進まない。驚きと不安、恐怖、諦め、祈り…いろんな感情が人を興奮させ、饒舌にさせる。

 フェイスブックやツイッターは強風で倒れた電柱、壁が吹き飛んだ建物、停電中の真っ暗な家の中など、台風関連の書き込みが多くみられた。これもやはり人のテンションが上がった結果か。被害に遭われた方、停電が長引いている方は気の毒だが、「いいね」はいつものように軽く押せないせいか、その数も少ない気がする。

 新聞の記事、テレビのニュースにはいろんな情報が含まれ、数字は重要な意味を持つ。日時や人の年齢のほか、災害では負傷者や犠牲者の数がそうで、今回の台風の関西空港の記事では、「最大8000人が孤立」「脱出まで10時間」などという見出しが躍った。

 大きな災害になれば必ず犠牲者数が見出しとなる。東日本大震災ではその数が倍々ゲームのように増え、受け手は見聞きするたび、肌を刺す痛みにも似た感覚を覚えた。が、すでに7年が過ぎたいま、その数字は直接の当事者ではない人にとって、時間とともにただの記号のようなものに変質してはいないか。

 自然災害の時代ともいわれる平成の最後、今度は北海道で大地震が発生した。和歌山県民は台風の傷も癒えぬまま、しばらくは数字が胸に刺さる日が続きそうだ。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. ゴミ拾いはスポーツです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る