地域のエネルギー源

 筆者が記者になって初めて担当した地域が美浜町。1997年5月から2年間回らせてもらった。当時は御坊第二火力発電所計画の議論が真っ盛りで、「美浜町も当事者的立場で」や燃料の「オリマルジョン」など初めて聞くキーワードに苦戦しながら、一から勉強して必死の毎日だったことはいまでもよく覚えている。役場職員や地域住民も人当たりがよくて美浜町は非常に印象のいいまちというのはいまでも変わらない。ただ、地域活性化やまちおこしという分野に関していえばほぼ聞かれず、縁遠いまちというイメージを持っていたのも正直なところ。

 先日、機会あって美浜町のリノベーションスクール最終日のプレゼンテーションを取材した。美浜町も最近、地域ににぎわいを創ろうとする取り組みが盛んだとは本紙面を通じて感じていたが、実際に取材をしてメンバーの熱い思いには驚いた。地元住民、Uターン者、Iターン者、一般公募で参加した県外の若者が3班に分かれて、初めて会った者同士で意見を交わし、実際にある古民家などを活用した地域起こしのアイデアを提案したのは既報の通り。わずか3日間で練り上げたとは思えない斬新でユニークなプランばかりだった。

 それぞれのプランの実現を想像するだけで面白い。初期投資や運営、人集めなど越えなければならないハードルはたくさんあり、簡単にできることではないだろうが、「やらな何も変わらない」「これで終わりではなく、始まり」との思いをメンバー同士で共有していたのが、スクールの現時点での最大の成果ではないだろうか。わずかな時間だったが、20年前にはあまり感じなかった新しいエネルギーを感じ、何だかうれしい気分になった。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る