台風シーズンはこれから

 北海道の胆振地方で発生した震度7を観測した地震。8日現在、死者18人、行方不明者22人という甚大な被害が出た。同時多発的に山の斜面が大きく崩れた映像、両親らの無事を信じて土砂の撤去作業を見守る家族の姿に胸が締め付けられる思い。震源から離れた札幌市での大規模な液状化現象など、過去にさまざまな災害を経験してもなお、「こんなことが起こるのか」と驚かされることばかり。停電も一時295万戸に及んだ。市役所では早々と携帯電話の充電コーナーを開設、あっという間に600人が列を作った。携帯は貴重な情報源だ。

 日高地方では4日の台風21号の直撃から丸3日経った7日に多くの地域で停電が復旧したが、8日もいまだ続いている地域が多くある。筆者も2日半、電気のない生活を送った。不便さは筆者がいうまでもなく多くの人が経験したし、何を準備しておかなければならないか分かったのは一つの収穫。必要なものは各家庭によっても違う、いら立ちの募る日々ではあったが、その中で貴重な経験だったといえる何かを得る停電でもあったと思いたい。

 それにしてもこれほど長期の停電は、災害のときのいつもながらの「想定外」。携帯電話も固定電話も通じない世帯もたくさんあった。救急車を要請する事案が発生したらどうするのか。不通地域に衛星電話を配備する体制が必要ではないか。北海道のように携帯電話を充電できるサービスも今後取り入れるべき。電気事業者、行政、一般住民、それぞれが今回の停電を教訓に、どんな準備ができるか検証しなければならない。復旧してほっと一息つきたい人も多いだろうが、台風シーズンはまだこれからだ。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る