停電で過疎化加速に不安

 4日に台風21号が近畿地方などを襲った。強風を伴った台風で日高地方でも電柱が倒れたり、家の屋根が飛ばされるなど、多くの被害が出た。強風とともに、多くの家庭に影響を残したのは大規模停電だろう。

 由良町の筆者宅も4日の昼過ぎから停電が始まった。台風20号の際も半日ほど停電していたため、今回はカップ麺やカセットボンベ、車のシガーソケットでコンセントを使えるようにするインバーター、トイレを流すためのバケツなどを準備。おかげで20号のときほど苦労しなかったが、やはり暑さはつらかった。

 今回の台風は、停電時間が長かった。やることがなく関西電力の停電情報の更新ボタンを押し続けていた人も多いのではないだろうか? 報道などによれば、停電は人口が多いところから解消していったとのこと。近所でもすぐに復旧していた家があったので、一概には言えないだろうが、日高地方でも御坊市での復旧が早かったように感じる。人口が多いところの方が早く対応されるのは当然のことだが、密集地に住んでいない人にとっては不公平に感じるだろう。

 筆者が担当している日高川町では美山地区の復旧が最も遅かった。寒川地区では8日の時点で300軒。実際はもっと少なかったようだが、他地域より遅かったのは確かだ。日高川町内は川辺地区へ移り住む人が多く、美山や中津の過疎化が問題となっている。今回の長期の停電を受けて、不公平を感じつつも、人口密集地への移住を考えた人がいるだろう。個人だけでなく、企業も地方へ工場を構えるリスクの一つに加えることになるだろう。今回の停電が、地方の過疎化を加速させることにならないか。不安を感じる。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る