停電で思う被災生活

 先月23日、台風20号が近畿地方やその周辺を襲った。熊野川が氾濫するなど、県南部では大きな被害となったが、日高地方では椿山ダムの放流量が毎秒2㌧を超え住民の中に不安が走ったが、すぐに減少し、結果的に大きな被害はなかった。

 ただ、和歌山県など各府県で停電が発生した。日高地方でも各市町で数千軒発生。筆者が住んでいる由良町では300軒程度と周辺より少なかったが、自宅がその300軒の中に入っており、夜10時頃ごろから電気がつかなくなった。停電は特に珍しくなく、たいてい数分で戻るのだが、今回は翌朝の昼前まで約半日間続いた。

 同じように停電になった人は分かるだろうが、その日の夜は蒸し暑く、また暴風雨のため窓も開けられない。筆者もなかなか寝付けず、車に移動したりしたが、結局ほとんど寝られなかった。さらにボタンで流すタイプのトイレも使えず、また冷蔵庫の中のものが腐ってしまわないかも心配。汗をかいたのでシャワーを浴びたかったが、髪を乾かすドライヤーも使えない。車のシガーソケットに指してコンセントを使えるようにするインバーターも試してみたが、出力が低く、ドライヤーは動かなかった。津波などが襲来したときは、数日間こういった状況が続き、その上、水道も使えなくなるのだろう。

 停電には発電機を備えておくのが一番だが、燃料の長期保管が難しそう。数万円出してインバーターを買えば大抵の家電は動かすことができるので、車を発電機代わりにすることもできそう。カセットボンベの備蓄も必要だ。停電の生活はもうしたくないが、被災したときの生活を考えさせられるいい機会になった。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る