交通事故に注意を

 酒を飲んで運転した上、ひき逃げをし、2人にけがをさせたとして、元アイドルグループのタレントが逮捕された。その後、事故の瞬間を収めたドライブレコーダーの映像が公開され、話題に。そこには、赤信号を無視して交差点に白いミニバンが進入し、横断歩道を渡る自転車や歩行者をはじき飛ばしていく瞬間が残されていた。

 一方、県内では和歌山北署の20代男性巡査が8月、知人の男(30)の交通事故を意図的に見逃したとして、県警監察課などから犯人隠避の疑いで、事情聴取を受けていたことが分かり、ニュースになっている。事実であれば当然許される行為ではない。「黙っていてほしい」と頼んだ方もまたしかりである。

 そんななか、御坊署管内でまた死亡交通事故が起きた。ことし5人目の犠牲者。これまで1月に60歳男性、2月に88歳女性、6月に82歳男性、8月に70歳男性が亡くなり、そして先日、54歳の男性が犠牲になった。9月で昨年1年間の死者数を上回り、20日時点で昨年同期比4人増。さらに県内14署でワースト1位になっている。面積も広いし仕方がないでは済まされない。

 取材のなかで「交通戦争」というフレーズを聞いた。ネットで調べると、1960年代に交通事故死者数が日清戦争の戦死者数を上回り、日本人が作り出した言葉。以来、時代は平成になり、昨年1年間の死者数は1948年以降最少となっている。しかし、なくならない飲酒運転や新たに増えている〝ながらスマホ〟、高齢者の事故。犠牲者をこれ以上増やさないため、秋の全国交通安全運動に合わせ、あらためて気を引き締め、集中してハンドルを握ろう。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 梅はとっても体にいいんだよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る