イライラ解消を考える

 「いらち」な性格で、いくらおいしいものが安くて食べられるといっても、大行列に並ぶなんてことは決して自分からやらない。スーパーやコンビニのレジ待ちも大嫌いだ。エレベーターや押しボタン式信号では、意味がないと分かっていても、無駄にボタンを数度押す。外に出れば多くの「イライラ」に出くわすが、最近は最新技術を使ってそれも解消されてきているという。

 例えばエレベーター。国内シェアナンバーワンのトップメーカーでは快適さのほか、待ち時間のイライラも解決してくれるシステムが開発されているそうだ。「10秒待っている人のイライラ度は100だが、30秒待っている人のイライラ度は900と、待ち時間が長くなるほど加速度的にイライラ度が増す」。そんな心理分析があり、効率よく複数のエレベーターを動かし、なるべく待ち時間を少なくして快適に使用してもらおうとの試み。詳しい仕組みは省略するが、このシステムがあれば大きなオフィスビルでも利用者の時間の短縮が図られ、仕事の能率もアップさせられる。

 エレベーター同様、日曜朝の情報番組で見たのだが、「トイレの空き情報」がスマホやパソコンなどで確認できるサービスもある。ビルの中にいると、これが結構問題らしく、空いているトイレを探したり順番待ちしたりする無駄を省けると好評を得ている。地方にいるとなかなか思いつかない点に着目したビジネスと感心した。

 効率化、省力化、これらは生活や仕事を「楽」にしてくれる。楽になれば「楽しく」過ごせるようになり、意欲や新たなアイデアもわく。売り上げ増だけでなく、イライラ解消を考えてみるのも業績アップの一つの方法だと思う。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 手作りもいいですね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る