イライラ解消を考える

 「いらち」な性格で、いくらおいしいものが安くて食べられるといっても、大行列に並ぶなんてことは決して自分からやらない。スーパーやコンビニのレジ待ちも大嫌いだ。エレベーターや押しボタン式信号では、意味がないと分かっていても、無駄にボタンを数度押す。外に出れば多くの「イライラ」に出くわすが、最近は最新技術を使ってそれも解消されてきているという。

 例えばエレベーター。国内シェアナンバーワンのトップメーカーでは快適さのほか、待ち時間のイライラも解決してくれるシステムが開発されているそうだ。「10秒待っている人のイライラ度は100だが、30秒待っている人のイライラ度は900と、待ち時間が長くなるほど加速度的にイライラ度が増す」。そんな心理分析があり、効率よく複数のエレベーターを動かし、なるべく待ち時間を少なくして快適に使用してもらおうとの試み。詳しい仕組みは省略するが、このシステムがあれば大きなオフィスビルでも利用者の時間の短縮が図られ、仕事の能率もアップさせられる。

 エレベーター同様、日曜朝の情報番組で見たのだが、「トイレの空き情報」がスマホやパソコンなどで確認できるサービスもある。ビルの中にいると、これが結構問題らしく、空いているトイレを探したり順番待ちしたりする無駄を省けると好評を得ている。地方にいるとなかなか思いつかない点に着目したビジネスと感心した。

 効率化、省力化、これらは生活や仕事を「楽」にしてくれる。楽になれば「楽しく」過ごせるようになり、意欲や新たなアイデアもわく。売り上げ増だけでなく、イライラ解消を考えてみるのも業績アップの一つの方法だと思う。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 主産地は平年並みです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る