郷土の期待の星2つ

 東京の両国国技館で開かれた全国都道府県中学生相撲選手権大会で、御坊市(野口小学校)出身の箕島中学校3年生井ノ上豪志君が初優勝。身長165㌢、体重72㌔と体は大きくはないが、スピードとパワー、抜群の相撲センスで見事、軽量級の日本一に輝いた。

 高校生では県立和歌山商業2年の花田秀虎君の活躍が目覚ましい。今年3月の全国高校相撲選抜大会無差別級、5月の高校相撲金沢大会無差別級を制し、先月、台湾で開かれた世界ジュニア選手権の無差別級も優勝した。

 身長185㌢、体重125㌔。先のインターハイはまさかのベスト16止まりだったが、まだこれからの成長株。知人の近大相撲部OBも、「力は間違いなく高校ナンバーワン。(新宮高校時代、史上初の高校生アマ横綱となった)久島以上の可能性を感じる」と、久々の郷土の怪物に期待を寄せる。

 大相撲は先場所、3横綱と新大関栃ノ心が休場という異常事態だった。関脇御嶽海が初優勝を飾ったものの、横綱、大関が不在で13勝という結果では、正直、喜びも半減というところであろう。来場所以降、万全の横綱、大関を相手にその真価が問われる。

 それにしても力士のけがが多い。稀勢の里は8場所連続休場で貴乃花のワースト記録を更新し、優勝経験もある元大関照ノ富士は、膝の故障と糖尿病で幕下まで転がり落ちた。今年初場所から連続休場の人気者の宇良は三段目まで後退し、まだ復活の兆しは見えない。

 小兵が大物に立ち向かい、速さと技で相手をほんろう、土俵に投げ飛ばすのが相撲の醍醐味。長野県民が郷土の星の御嶽海に熱狂するように、花田君と井ノ上君が将来、和歌山県民を興奮、感動させてくれることを願わずにいられない。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 手作りもいいですね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る