花田景子さんがキタデの人間ドック受診

 大相撲貴乃花部屋の女将で、講演など幅広く活躍している花田景子さん(53)が7日、御坊市の社会医療法人黎明会健診センターキタデの人間ドック「スーパープレミアムコース」を受診した。

 キタデがことし6月から開設したアンチエイジング外来で月1回、東京から駆けつけているアンチエイジングドクターの日比野佐和子医師と交流があり、以前から誘いを受けていた花田さんは8日に大阪で講演会がある機会にと、来坊が実現した。

 「健康、美容、アンチエイジングは永遠のテーマ」という花田さんは、ドック受診後、日比野さんと栄養の話で盛り上がり、終始リラックス。日比野さんが「トマト、ミカン、モモ、イチゴなど和歌山の食材はアンチエイジングにいい」とアドバイスすると、花田さんは「これから和歌山産のものを食べたい」と笑顔で答えていた。

 人間ドックはなかなか受診する時間がなかったといい「きょうはいい機会になりました」と喜び、初めての御坊は「宮崎育ちのわたしにとっては、海あり山あり川あり、自然豊かで癒やされます。関空からも近く、また来たい」と絶賛していた。

写真=人間ドックを受診した花田景子さん㊨と日比野医師

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る