美浜でJAXA特任教授の圦本さん講演

 NPO法人日ノ岬・アメリカ村主催の講演会が15日、美浜町地域福祉センターで開催。JAXA特任教授の圦本尚義さん(60)=日高川町小熊出身=が、ことし6月27日に小惑星リュウグウに到着した探査機「はやぶさ2」について分かりやすく語った。来場者との質疑応答の時間もあり、子どもから大人まで約70人が宇宙の謎について考える楽しいひとときを過ごした。

 講演のテーマは「リュウグウから贈られる玉手箱」。はやぶさ2は、世界で初めて小惑星の物質採取に成功した「はやぶさ」の後継機で、2014年12月3日に打ち上げられ、3年半かけてリュウグウにたどり着いた。はやぶさが行ったイトカワと違い、リュウグウには水とアミノ酸があると予想されている。圦本さんは、「リュウグウの表面に衝突物をぶつけてクレーターをつくり、内部の物質を採取してくる」とはやぶさ2のミッションを紹介。「採取した物質を入れる容器は缶コーヒーぐらいの大きさ」など子どもにも分かりやすく説明していった。「リュウグウの物質がイトカワの物質と違うところはどこでしょう」と来場者に質問。クイズ形式で、変な色、におい、温度、重さ、鉱物と5つの選択肢を示し、「温度」「鉱物」との答えが多かったが、正解は「変なにおい」。「アミノ酸と水があれば外気に触れて、何かにおいがしてくるはず」と説明した。「実は今の地点から見たリュウグウには水の痕跡がみられないので、もしかしたらぼくらは間違っているかもしれない。でも、予想したよりも真っ黒に見えており、今まで誰も見たこともない物質を持ち帰ってくれるかもしれない。期待しています」と話した。はやぶさ2の帰還予定は2020年冬。「東京オリンピックが終わり、その冬に、地球の人々のもとに、ぼくたち生命のふるさとが宇宙にあるのかどうかの手掛かりを、玉手箱を持って帰ってきてくれます。楽しみにしていてください」と締めくくった。

 講演後は質疑応答に移り、来場者は手を上げては「はやぶさ2からの映像は電波でくるのですか」など質問。「片道8分かけて、電波できます。今は太陽の反対側にいるので、昼間しか交信できないんです」などの答えに興味深く聞き入った。「アメリカが月へあれから行かないのはなぜですか」との素朴な質問には「単にお金がなくなったからです。今また準備をしていますが、次に行くのは中国でしょう」との答え。小学生からイオンエンジンに関する質問、天体ファンから冥王星の外側にあるとされる「惑星X」に関する質問などもあり、宇宙のロマンを探る時間を皆が楽しんでいた。

写真=来場者の質問に答える圦本さん

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る