紅屋 ハイカバーファンデ登場!

 きちんとカバーしたいけど、カバーしていることは内緒にしたい…。むしろ透明感がキレイってほめられたい! そんな女子のワガママを、1本で叶える高機能ファンデーションがアルビオンに登場しました。紅屋から、「スキングレイジング ファンデーション」を紹介します。

 陶器に釉薬をかけるように画用油で溶いた絵の具を何層にも塗り重ねることで、絵画に透明感や生命感を与える美術の技法「グレイジング」から発想された商品です。カバー力、透明感、化粧もちを追求し、それぞれを担う化粧膜が緻密に重なり合うことで精巧な美しい肌を演出。ハニーとバターが溶け合ったような濃密なテクスチャーが肌に密着します。香りにはアルビオンのベースメイク共通の香りを採用。価格は30㌘6000円。全6色。SPF25、PA+++。

 「まるで『美肌アプリ』のような『盛り肌ファンデーション』です。下地やコンシーラーも不要で、これ1つで簡単に盛れます。この秋、リアルでも写真でも美しく周りから羨ましがられる肌になりませんか」とPRしています。

写真=下地もコンシーラーも不要!

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る