紀州鉄道がトレイナート初参加

 御坊以南のJRきのくに線等を舞台にした芸術イベント「紀の国トレイナート」が、18日から開幕する。5年目のことしはJR以外の鉄道で初めて、日本一短いローカル私鉄で有名な御坊市の紀州鉄道が参加。古い駅舎が人気の西御坊駅を、芸術家の岩塚一恵さんが繊維を使ってアート空間に演出。19日には岩塚さんと一緒に地域を巡る「ダイブ」もあり、御坊の魅力を発信する絶好の機会となりそう。

 紀の国トレイナートは、紀伊半島を海沿いに走るJRきのくに線の駅舎をアート空間に変容させるアートプロジェクト。全国のアーティストが地域の魅力を掘り下げ、地域活性化にもつながると年々人気を集めている。ことしはこれまでと趣向を変え、駅を拠点に周辺の地域を巡って深く潜っていく「ローカルダイブ」を初開催。アーティストと一緒にまち巡りを楽しみ、地域の魅力を感じてもらう。

 紀州鉄道西御坊駅を装飾した岩塚さんは、東京文化学園大学造形学部助教で、学生にデザインと芸術を指導している。もともと建築を学んでいたこともあって古い建物やまち並みが好きで、トレイナートには昨年初めて参加し、JR岩代駅を担当した。

 西御坊駅は、得意の繊維を使ってアート空間に仕上げた。御坊がかつて紡績業で栄えたことと、海に近く漁師の営みを合わせて「歴史を表現」した。作品名は「ファイバーダンス」で、ミシン糸や釣り糸を使って手編みし、西御坊駅の古いたたずまいを生かすよう心がけた。ピンク色は、目を引くよう直感で決めた。岩塚さんは「地域の人にいろいろ話を聞かせてもらいましたが、みんなこの駅が大好きだという思いが伝わりました。ただ、身近すぎて特別だとは感じていない人もいた。私のように外から見ると歴史を感じ、すごく魅力的で特別な存在。今回のアートを通して西御坊駅を大事に思ってもらえるとうれしいし、この駅舎がずっと残っていってほしい」と熱い思いを披露。19日のローカルダイブはJR御坊駅に午後1時集合し、レトロなまち並みを散策し、終着の西御坊駅で作品鑑賞や岩塚さんのトークもある。「できれば浴衣を着てもらって、大正や明治のまちにタイムスリップした感覚で一緒に楽しみましょう」と気軽な参加を呼びかけている。

写真=西御坊駅をアート空間に仕上げる岩塚さん

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も出来は上々です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る