紀州鉄道がトレイナート初参加

 御坊以南のJRきのくに線等を舞台にした芸術イベント「紀の国トレイナート」が、18日から開幕する。5年目のことしはJR以外の鉄道で初めて、日本一短いローカル私鉄で有名な御坊市の紀州鉄道が参加。古い駅舎が人気の西御坊駅を、芸術家の岩塚一恵さんが繊維を使ってアート空間に演出。19日には岩塚さんと一緒に地域を巡る「ダイブ」もあり、御坊の魅力を発信する絶好の機会となりそう。

 紀の国トレイナートは、紀伊半島を海沿いに走るJRきのくに線の駅舎をアート空間に変容させるアートプロジェクト。全国のアーティストが地域の魅力を掘り下げ、地域活性化にもつながると年々人気を集めている。ことしはこれまでと趣向を変え、駅を拠点に周辺の地域を巡って深く潜っていく「ローカルダイブ」を初開催。アーティストと一緒にまち巡りを楽しみ、地域の魅力を感じてもらう。

 紀州鉄道西御坊駅を装飾した岩塚さんは、東京文化学園大学造形学部助教で、学生にデザインと芸術を指導している。もともと建築を学んでいたこともあって古い建物やまち並みが好きで、トレイナートには昨年初めて参加し、JR岩代駅を担当した。

 西御坊駅は、得意の繊維を使ってアート空間に仕上げた。御坊がかつて紡績業で栄えたことと、海に近く漁師の営みを合わせて「歴史を表現」した。作品名は「ファイバーダンス」で、ミシン糸や釣り糸を使って手編みし、西御坊駅の古いたたずまいを生かすよう心がけた。ピンク色は、目を引くよう直感で決めた。岩塚さんは「地域の人にいろいろ話を聞かせてもらいましたが、みんなこの駅が大好きだという思いが伝わりました。ただ、身近すぎて特別だとは感じていない人もいた。私のように外から見ると歴史を感じ、すごく魅力的で特別な存在。今回のアートを通して西御坊駅を大事に思ってもらえるとうれしいし、この駅舎がずっと残っていってほしい」と熱い思いを披露。19日のローカルダイブはJR御坊駅に午後1時集合し、レトロなまち並みを散策し、終着の西御坊駅で作品鑑賞や岩塚さんのトークもある。「できれば浴衣を着てもらって、大正や明治のまちにタイムスリップした感覚で一緒に楽しみましょう」と気軽な参加を呼びかけている。

写真=西御坊駅をアート空間に仕上げる岩塚さん

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る