目標達成への役割

 連日素晴らしい試合が繰り広げられている第100回全国高校野球選手権記念大会。豪快な本塁打を放つ強打者や高校生離れした快速球を投げ込む豪腕が注目されがちだが、それ以外にも高校野球の魅力はたっぷりとある。グラウンドだけでなくベンチからスタンドまで、毎日夜、ダイジェスト・ドキュメンタリー番組として詳しく紹介してくれる「熱闘甲子園」を見るとよく分かり、試合とともに楽しみにしている。

 甲子園に出場するチームになると、必ず一人一人「役割」があり、おのおのが果たしているように感じる。グラウンド以外では、選手たちの身の回りの世話をするマネジャー、応援や練習でナインを支える部員、情報収集係になって対戦相手を丸裸にするスコアラー。グラウンドの中では、伝令としてマウンドに駆けてプレーヤーを鼓舞したり、ベースコーチを務めて瞬時の判断で得点に結びつけたり、それにムードメーカーとして声や元気でベンチ内を盛り上げたり。チームのために自分ができることを全力でやることがチームを勝利にぐっと近づけ、それをチームワークと呼ぶのだと教えてくれる。

 勝利、甲子園出場、日本一。掲げた目標達成へ、おのおのが別々の役割を果たしながらも、足りない部分を補い合ったり、長所を伸ばすのをサポートしたりして一人では発揮できない大きな力を生み出すこと。高校野球を見れば、チームワークの意味を理解することができる。ただ単に、仲よく、みんなで同じことをやる、そんなに誤解されることもあるが、それは見せかけのチームワークに過ぎないだろう。みんなをまとめるのには、まずこの辺りの意思統一が重要で、チームでの仕事には欠かせない。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る