救急医療知事表彰 中井氏ら10人と1団体

 救急医療対策の推進等に貢献、その功績が顕著な個人、団体をたたえる救急医療功労者知事表彰の受賞者が決まり、ことしは県全体で医師と看護師合わせて10人、1団体が選ばれた。日高地方からは御坊市薗の中井こどもクリニック院長の中井寛明氏(58)。25日、和歌山市のホテルアバローム紀の国で開かれる救急災害医療研修会で表彰される。

 中井氏は日高高校から国立旭川医科大を卒業し、奈良県立医科大附属病院、国立療養所福井病院などの小児科医を務め、1993年10月から約2年間は米国に留学。帰国後、奈良県立医科大附属病院小児科助手、同大救命救急センター救急科講師などを経て、99年4月、中井こどもクリニックを開業した。

 開業後は日々の診療の傍ら、御坊広域休日急患診療所、08年からは毎週土曜午後の病診連携小児救急診療(国保日高総合病院)の当番医を務めており、その体制づくりから当番表の作成など事務方としても当地方の小児救急医療の充実に寄与。日高医師会では現在、救急医療副担当理事を務めている。

 小児科医としては大人とまったく異なる子どもの肉体的・生理的特性を理解し、両親の訴えに十分耳を傾けながら、症状の裏に隠れた病気がないか、わずかな病状の変化も見逃さないことに神経を使うという。

 表彰には「医師会や病院の先生ら多くの方の支えがあってこその受賞であり、私はただその代表でいただくものと考えています。今後も小児科医のはしくれとして、地域の子どもの健康、成長を見守っていける一員になれればと思います」と話している。

写真=「多くの先生、地域の皆さまのおかげです」と中井氏

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る