戦争体験 埋もれさせない

蝉の鳴き声が一層暑さを増幅させる夏本番、ことしも8月6日に広島市、9日には長崎市で原爆の日式典が行われ、国民皆が平和への誓いを新たにした。広島の原爆資料館にはこれまで3度訪れたが、20歳そこそこのときに初めて見学した際の衝撃は忘れられない。生まれたときから平和な世の中。それほど戦争について考えることはなかったが、資料館の展示物、写真は目を覆いたくなるような惨状で、「戦争はしたらあかん」と心の底から感じたのを覚えている。あの頃と今とでは展示が少し違っているが、日本人として一度は訪れてほしい場所である。

終戦記念日に合わせて本紙ではことしも戦争体験者への聞き取りを通した体験談を連載し、戦争の恐ろしさ、愚かさ、平和がいかに幸せかを訴えている。連載メンバーに加わって5年、これまで多くの体験者に貴重な話を聞くことができた。南方トラック諸島で壮絶な飢えと戦った人、シベリアでの想像を絶する過酷な抑留生活、戦艦大和でレイテ沖海戦に参加した男性、満州に侵攻してきたソ連兵からまさに命からがら母と逃げきった少年の記憶など、心に残る経験談ばかり。本当にそんな時代があったのかと、遠い遠い昔話のように思うが、わずか73年前に実際にあった出来事なのである。

連載へ向けて毎年体験者の方を探すのだが、20歳で徴兵検査を受けて、実際に戦地に赴いたとなれば、御年95歳前後の方になる。近い将来体験者がいなくなるのは必然。ことし取材させていただいた人は、兄の戦争体験を生前に聞き取っていた弟さんだった。家族の戦争体験、家族が聞き取った戦争体験、埋もれている経験談はまだあると思う。ぜひ情報提供を。  (片)

関連記事

フォトニュース

  1. もういうてる間ぁに春やな…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る