山中、玉井選手がJFAトレセン全国合宿へ

 日本サッカー協会が将来有望な選手を集めてトレーニングするJFAフットボールフューチャープログラムトレセン研修会U―12の参加メンバーに、日高地方からFCダンシーマのゴールキーパー山中義樹選手(松原小6年)とサザンクロスのディフェンダー玉井奏大選手(南部小6年)が選ばれた。2日から5日まで静岡県での合宿に参加。全国トップ選手とさらなるレベルアップを目指す。

 

 

日本サッカーのレベル向上と、将来日本代表を目指す選手を育成することを目的に日本サッカー協会が毎年開いている。全国3地域で開催され、東海、北陸、関西、九州の一部は中日本ブロックとして静岡県に、各府県16人の選りすぐりの選手が集う。3泊4日で、トレーニングや試合形式で技術等のレベルアップを図る。県内からは県トレセンに参加している約40人の中からフィールド14人、キーパー2人を選出した。

 

小学2年からサッカーを始めた山中選手は身長153㌢とずば抜けた長身ではないが、身体能力の高さを生かしたセービングに定評がある守護神。守備陣を統率するコーチングもでき、「もっとキャッチングがうまくなりたい」と向上心も持っている。ダンシーマでは主将を務めており、練習や試合中は誰よりも大きな声を出してメンバーを鼓舞する精神的支柱でもある。将来はJリーガー、日本代表になるのが夢で、トレセンへは「緊張もあるけど、ワクワク感の方が大きい。目立つような活躍をしてもっと上を目指せるように頑張りたい」と抱負。ダンシーマの天野椋也監督は「いいチャンスをもらったので、レベルの高い選手からいろいろ吸収してきてほしい」とエールを送っている。

 

小学1年にサザンクロスに入部した玉井選手は、守備の要であるセンターバック。身長154㌢で、当たり負けしないフィジカルの強さが大きな武器。ボールコントロールがうまく、ミドルシュートを打てるキック力もあり、セットプレーから得点を決められるオールラウンドプレーヤー。「体の強さが持ち味。課題はトラップの技術を高めること」と自己分析する。将来はJリーガー、日本代表入りが目標で、「全国合宿はすごく楽しみ。他の選手のいいプレーを自分のものにしたい」と胸を躍らせている。サザンクロスの西川和人監督は「トップ選手と交流を深め、技術や取り組む姿勢を学んでさらなる成長のきっかけにしてほしい」と期待を込めている。

 

写真=キーパーの山中選手㊤とセンターバックの玉井選手

 

関連記事

フォトニュース

  1. 事故に気をつけてね!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る