宇宙の謎を探る「はやぶさ2」

 2010年に小惑星イトカワの物質を地球に届けて燃え尽きた、小惑星探査機「はやぶさ」。そのプロジェクトに構想段階から携わったJAXA特任教授、日高川町出身の圦本尚義さんが美浜町ではやぶさ2について講演した◆初代はやぶさは「世界で初めて、小惑星の物質を地球へ持ち帰ることに成功した」という大きな実績を残した。ある種、象徴的な偉業である。後継機のはやぶさ2は、さらに実用的な使命を担っている。イトカワとは違い、水とアミノ酸の存在が予測される小惑星「リュウグウ」へ赴き、生命のふるさとが宇宙にあるのかどうかを探る手がかりという「玉手箱」を携えて2020年冬に帰還する◆講演では、「もしかしたら水は存在しないかもしれない」という、最近のデータからの推測についても述べられた。はやぶさ2は2014年12月の打ち上げから3年半かけて6月27日にリュウグウに到達したが、今の地点からは水が確認できないのだという。それでも、予想より暗く見える外観といい、未知の天体にはまだ地上の誰も見たことのない、完全に未知の物質があるかもしれない。「非常に楽しみ」だと圦本さんは言われた◆「未知の世界を探求する人々は、地図を持たない旅人である」という湯川秀樹博士の言葉を思い出した。「地図は探求の結果できるのである。目的地がどこにあるか、まだ分からない。もちろん、目的地に向かって真っ直ぐな道などできてはいない」――「知りたい」「確かめたい」という子どものような純粋な好奇心は、時として人を動かす大きな原動力になる◆12月8日には、星めぐりの会主催でかわべ天文公園を会場に再び圦本さんの話が聴ける。昨年は実現しなかった望遠鏡の観望とともに、今から楽しみにしている。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る