坂本さん サッカーで地域に恩返し

 日本サッカー協会公認C級コーチなどの資格を持つ御坊市荊木の坂本寿里也さん(28)が代表を務める有志グループ「SIS」が、来年春をめどにサッカー人口増やサッカーを通じた子どもの育成、地域振興を目指すプロジェクト「SISスペシャルトレーニング」を始動させる。地域巡回型無料サッカースクールやジュニアユースチーム発足などを計画中で、サッカー好きの子どもを育てる新たな取り組みとして注目されそうだ。

 坂本さんは小学生からエストラッサ湯川でサッカーを始め、中学は日高フューチャーズ、高校は初芝橋本を経て大阪体育大学に進学したが、けがのため選手をあきらめて指導者の道に進んだ。大体大在学中から大阪の小学生チーム「マトリックス」でコーチを務め、卒業後、社会人となってからも合わせて約10年指導者を続け、多くの子どもたちを育ててきた。23歳のころ、同級生らサッカー仲間でSISを結成。セルフマネジメント(人間性)・インテリジェンス(知性)・スキル(技術)の頭文字で、目立った活動はできていなかったが、ことし春に御坊に帰郷したのをきっかけに、御坊日高のサッカー文化の一層の発展と活性化に貢献しようと活動を再開することにした。

 具体的には、より身近にサッカーに親しんでもらう機会を作ろうと、今後、各教育委員会等に了承を得た上で各学校へ出向いて「地域巡回型無料サッカースクール」を展開し、サッカー好きの子どもを増やしていく。サッカークラブに入部を考えている子どもたちをサポートするほか、より高いレベルを求める選手たちをU―10、U―12のカテゴリー別に集めて週3回程度プレーできる「レベルアップスクール」も開催。中学生選手の受け皿として、ジュニアユースチームの新たな発足も視野に入れており、将来、優秀な選手の育成にもつなげていく考えだ。

 「子どもたち自身に考えさせる」のが指導のモットー。これまで実践してきた指導方法の確認とさらなるスキルアップへ、坂本さんは21日から29日まで、プロチームの指導経験があり、指導者としての師匠である池上正さんのドイツ研修に参加。現地のジュニアチームの指導を勉強することにしており、来春までにはスペインなども訪問し「考えさせるサッカー」の指導を勉強することにしている。坂本さんは「自分自身がサッカーを通じて育ててもらったことへの恩返しと、指導者としての経験を生かし、プロジェクトの始動を考えました。成功できればサッカーを通じた子どもの健全育成や地域活性化にもつながる。和歌山や日本のサッカーに少しでもいい影響を与えられるよう、御坊日高でいいモデルを作れるよう頑張っていきたい」と意欲を示している。

写真=新たなサッカープロジェクトを始動する坂本さん

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る