北出病院新院長に重里氏就任

 御坊市の社会医療法人黎明会(北出貴嗣理事長)北出病院の新しい院長に、今月15日付で重里政信(じゅうり・まさのぶ)医師(64)=和歌山市=が就任。9月から診察をスタートさせる。

 大阪府泉佐野市出身。1972年大阪教育大学付属高校天王寺校舎を卒業後、和医大に進学し80年に卒業。同年から同大で胸部外科医として勤務し、88年からことし8月14日までの30年間、済生会和歌山病院で外科部長を務めて定年退職した。

 「経験を生かして、和歌山の地域医療に役立ちたい」と退職翌日から北出病院で院長として勤務している。乳腺、心臓、肺、食道、胃、血管等の胸部外科の専門医。済生会ではあらゆる手術に携わり、1万5000件の執刀経験があるスペシャリスト。北出病院ではこれまで胸部外科の手術はできず他の病院を紹介していたが、重里院長の就任で乳腺がん、肺がん、心疾患、食道や血管系の手術が可能になる。

 「来院の患者を全員助けたい」がポリシーで、「いままで手術ができず患者さんに迷惑をかけていたこともあったが、自分が来たことでカバーできる。手術はチームプレーなので、スタッフとしっかりコミュニケーションを取っていきたい。就任して2週間だが、ここの病院スタッフは患者への対応が素晴らしいと感じた。このいい雰囲気を続けていきたい」と意欲満々。院長として「患者、スタッフの声を聞いて、手術だけでなくリハビリなど患者の肉体的、精神的なサポートをマネジメントしていきたい」と張り切っている。

 趣味はダイビング。年1回、フィリピンのセブ島で楽しんでいる。「ぜひ白崎でも体験してみたい」と笑顔で話している。

写真=1万5000件の手術経験がある重里院長

関連記事

フォトニュース

  1. まちづくりって難しい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る