三菱地所 白浜でワーケーション事業に参画

 仕事(ワーク)と休暇(バケーション)を組み合わせた働き方「ワーケーション」の推進へ、不動産大手の三菱地所が和歌山県、白浜町と手を組み、新たな事業に乗り出した。同町が整備したITビジネスオフィスを活用し、年内にも自社が管理する都会のビルのテナント企業に貸し出しを開始する予定。今月8日には東京都内で進出協定の調印式が行われた。

 ワーケーションは、インターネットなどを活用して遠隔勤務休暇を兼ねて仕事をする新たな働き方。日本航空など制度として導入する企業もあり、和歌山県は地域活性化の新政策として、2015年からワーケーションに取り組む企業の誘致を進めてきた。

 白浜町が整備した「南紀白浜ワーケーションオフィス(仮称)」は、南紀白浜空港から車で3分、南紀白浜ICから10分という場所にあり、利用形態は▽開発+ハッカソン(ソフトウェア開発分野のプログラマーやグラフィックデザイナーが集中的に作業をするイベント)合宿型▽開発合宿+研修型▽研修+モバイルワーク型▽有給消化型――の4つを想定。年内をめどに利用できる環境を整備する予定で、首都圏の同社のビルに入居している企業へ利用を促す。

 調印式で三菱地所の吉田淳一執行役社長は「新事業をワーケーションに最適な白浜でできることは大きなメリット」、井澗誠白浜町長は「ワーケーションを推進し、最適な場所であることをアピールしたい」とし、仁坂吉伸知事は「事業の拡大を願うとともに、白浜町でワーケーションが普及することを期待している」と述べた。

写真=進出協定調印後、左から仁坂知事、三菱地所の吉田執行役社長、井澗町長

関連記事

フォトニュース

  1. キャラメル味やで~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  2. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  3. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  4. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  5. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る