トレイナート 御坊でローカルダイブ

 18日に開幕した御坊以南のJRきのくに線等を舞台にした芸術イベント「紀の国トレイナート」で、ことし初の試みとなった駅周辺の地域を深く知る「ローカルダイブ」の第1回が19日、初参加の紀州鉄道西御坊駅出発で行われた。県内ほか東京などから35人が参加する盛況ぶりで、伊勢屋の旧酒蔵、堀河屋野村などを語り部と一緒に巡り、御坊の魅力を感じる絶好の機会となった。

 紀の国トレイナートは、御坊から新宮市の間の30駅を全国の芸術家が作品で飾って「アート駅舎」に変えるイベントで、ことし5年目。「ローカルダイブ~列車を降りて、まちへ~」は、駅舎を飾ったアーティストと一緒に深く潜るように地域を楽しむ小旅行。これまでは駅や臨時列車がメーンだったが、もっと地域との交流を深めていこうと、初めて企画された。

 トップを切ったのは、ことしから初めて参加した紀州鉄道の「御坊紀州鉄道ダイブ」。手編みしたミシン糸の網などを使って西御坊駅を飾り付け「紡績業で栄えた過去と、海に近い漁師まち」を表現した芸術家の岩塚一恵さん(東京文化学園大学造形学部助教)と一緒に西御坊駅周辺のまちを巡るイベントで、県内外の家族連れや浴衣姿の大学生、年配者まで幅広い年代が集まった。JR御坊駅から紀州鉄道に乗って西御坊駅に降りた参加者に、岩塚さんは作品作りのコンセプトを説明し、「いつまでもこの駅舎が残ってほしい」との思いを披露。紀州鉄道紀伊御坊駅長の大串昌広さんは「90周年の節目に、西御坊駅をきれいに飾っていただいてありがたい」と感謝。全員でアート作品を見学したあと、ローカルダイブに出発した。

 語り部の大谷春雄さんが案内人を務め、最初に小竹八幡神社前の伊勢屋で、普段は開放していない旧酒蔵を見学。田淵家12代の光彦さんが、昨年11月に国指定有形文化財に指定されたことを説明。大谷さんは酒蔵2階で「田淵家第9代の栄次郎氏が紀州鉄道(前身の御坊臨港鉄道)の創設者。田淵家は当時、旧御坊町内の西側半分ほど所有していた土地を提供して鉄道工事の早期完成を実現させた」などと紀州鉄道施設秘話を話した。参加者は、丸太を積み重ねたような特徴ある継ぎ手のある内観に見入っていた。全国の芸術イベントを巡るのが好きで東京から一人で参加した山田大輔さん(37)は「伊勢屋は趣(おもむき)があり、御坊のまちは初めてですが、歴史を感じる。ツアーがあればまた来たい」と話していた。

 一行はレンガ塀に残る空襲の記憶、堀河屋野村、江戸時代からの廻船問屋「和泉屋長屋敷」、江戸時代のろうそく問屋「志賀屋川瀬家」、日高別院、御坊屈指の豪商の分家「南の紀小竹屋旧跡」、中川邸などを巡って古い町並みなどを堪能し、御坊の魅力を体感していた。

写真=伊勢屋で継ぎ手を見ながら大谷さん㊧の説明を聞く参加者

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る