オオカミ少年の教訓

 イソップ寓話のオオカミ少年では、羊飼いの少年が「オオカミが来た」とうそをつく。村人たちは武器を持って戦おうとするが、徒労に終わる。何度も繰り返すうちに村人たちは信用しなくなり、本当にオオカミが来て村の羊が全て食べられた、というものである。

 嘘をつき続けると、本当のことを言っても信じてもらえなくなるという教訓だが、見方を変えてみよう。村の羊、おそらく村人たちが飼育していた羊がオオカミに食べられたのは、だれが悪いのか。当然、うそをついた少年は悪いが、村人にも責任があるのではないか。例えば、日頃からオオカミ襲来に対する万全の対策を取っていなかったこと、少年の情報をうのみにするだけでなく、うそか本当か自分で見極める目や判断材料を持っていなかったことなど。うそをつく少年を周りの大人が正しい方向に導いてやることなく放っておいたのも問題だ。

 近年、よく似たような話で心配なことがある。先日の西日本豪雨や西進の珍台風では、甚大な被害が出たところもあるが、本県は幸いにも被害が軽かった。ただ、大安売りとでも言わんばかりに、各地域で警報や避難情報を発令。猛暑の中、そのたびに食料などを持って避難所へ行く高齢者らは大変である。結果的に被害が少なかったのはいいが、連続するとオオカミ少年の話になりかねない。

 気象庁や自治体をオオカミ少年呼ばわりするつもりは毛頭ない。予報技術を一段と向上させ、的確な情報の提供を望むだけある。その上でやはり住民も災害とどう向き合い、いつ避難すべきタイミングなのかなど、自ら判断、行動できる材料をそろえておくことが大切である。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る