よいしょ!

 由良町門前、臨済宗鷲峰山興国寺(山川宗玄住職)で15日、開山以来約750年続く盂蘭盆会の精霊送りの伝統行事「火祭り」が行われ、多くの檀家や見物人らでにぎわった。

 同寺で午後9時から法要を行ったあと、10時ごろから同寺東の無常堂に移動。地元小学生が軽快に「たいまつ踊り」を披露したあと、若衆が両端に火の付いた特大たいまつを担ぐ「土俑(どよう)担ぎ」が行われた=写真=。土俑は長さ4・2㍍で、通常の重さは約150㌔だが、この日は午前中に降った雨で湿気を吸って約200㌔の重さに。両肩に担いで釜場を回る若衆たちは例年以上に悪戦苦闘しながらも、勇壮な姿を見せていた。

 クライマックスは県指定無形民俗文化財の「灯籠焼き」が行われ、幽玄の世界で六斎念仏と尺八の音色が響く中、檀家らは先祖の霊との別れとともに過ぎ行く夏を惜しんでいた。

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る