やればできるは魔法の合言葉

 長い夏休みが終了し、日高地方の小中学校でも2学期がスタートした。各校では始業式が行われ、校長が休み期間中の思い出や出来事などを振り返りながら「新しい学期も頑張ろう」と気持ちを新たにした▼南部小学校の始業式では、校長が数字から連想することをクイズ形式で児童に尋ねた。「『41・1』は何の数字でしょうか」。分かったという読者もおられると思うが、答えはこの夏に埼玉県熊谷市で記録した日本史上最高気温。続いて2問目が投げかけられ、「『100』は何でしょうか」。答えは夏の高校野球が開催回数。最後はちょっと難しいかもしれないが、「では、『79』は何の数字でしょうか」と問題が出された。正解は2学期に学校で授業がある日数。それぞれの質問に子どもたちが手を上げて回答し、3問とも見事正解が出た。取材しながら考えたが、恥ずかしながら1つも分からなかった。年を重ねるに連れて発想が乏しくなる。今回のクイズもスムーズに答えられた人は頭の回転が柔軟といえるのではないだろうか▼筆者も生まれてから9月の誕生日でちょうど50年が終了し、51年目に入る。人生の2学期という訳ではないが、大きな節目といえる。これまで生きてきた過去を振り返りながら何か新しいことにチャレンジしたいという気持ちだけはある。しかし、大それたことは「ちょっと…」といつも尻込みしてしまいがちだ▼南部小学校の始業式では、校長が夏の甲子園で活躍した済美高校の学園歌の一節にある「やればできるは魔法の合言葉」を紹介し、「何事にもあきらめず頑張ろう」と児童を激励した。筆者も残りの人生で60、70、80歳になっても「もう年だから無理」という気持ちだけは捨てなければと思う。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る