その後の人生も大事

 大阪桐蔭(北大阪)の史上初となる2度目の春夏連覇、金足農(秋田)の大旋風などがあった第100回全国高校野球選手権記念大会。少しさかのぼって、開幕日にテレビ朝日系で放送された「ファン10万人がガチで投票高校野球総選挙2018」の結果を紹介したい(文中敬称略)。

 ファン10万人にアンケートを取り、記憶に残る歴代のすごい高校球児トップ30をランキング形式で発表する番組。上位の結果は、➀松井秀喜(星稜)➁松坂大輔(横浜)➂江川卓(作新学院)➃清原和博(PL学園)➄田中将大(駒大苫小牧)➅大谷翔平(花巻東)➆王貞治(早稲田実)➇桑田真澄(PL学園)➈清宮幸太郎(早稲田実)➉ダルビッシュ有(東北)だった。

 全員トップ10入りしても何らおかしくはないのだが、40代の筆者にすると少し違和感を覚える順位。「すごい高校球児」となれば、やはり松坂、清原、田中、桑田、それに11位にランクインした斉藤佑樹(早稲田実)あたりが1位ではないかと思っていたので、松井のトップは予想外となった。松井は度肝を抜く本塁打も放ったが、活躍よりも5打席連続敬遠の〝悲劇〟が先行。「記憶に残る」部分では一番でも、「すごい」で選べばやや違う気がする。

 人間の記憶はどうしても上書きされていってしまうものだ。投票結果を見ると、その後の活躍や人間性、生き方なども順位に大きく影響しているように思え、鮮烈な甲子園でのイメージに相反して順位が低い選手もいる。清原なんかは事件を起こさなければ1位だったとも考えられる。そのときの輝きをより輝かせるためには、その後の人生が問われる。大きなことをやってのけたあとも、大事ということだ。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 気持ちよく踊れました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る