ご冥福をお祈りしつつ

 猛暑の夏も盆を過ぎて、ほんの少し日差しがやわらいできたか。11日には戦争と平和を考える講演・映画上映会を開催、15日には戦争体験者に聞く連載も終わった。創刊90周年の今年は記念事業が多く、すでに1年分の時間が過ぎたような気がする。

 7年前、真珠湾攻撃から70年を機に、いまも続く戦争体験者に聞く連載を開始した。そのとき、取材で話を聞かせていただいた2人が先日、相次いで亡くなられた。御坊市の野村浚一さんと美浜町の小松雅也さん。野村さんは97歳、小松さんは87歳だった。

 お2人の話は新聞連載のほか、戦後70年プロジェクトとして発行した書籍「その日がくる前に」にも収録させていただいた。それぞれ反響は大きかったようで、新聞と本の発行後にはお2人から懇切丁寧なお礼の手紙が届いた。

 2年前の1月には、思いがけず野村さんからメールが届いた。ご自身の体験が活字となり、本になったことへの喜びと感謝が綴られ、最後はやや自虐的に「加齢による難聴、緑内障による右眼視力半減、脚筋力半減歩行困難な95歳老人のお礼と近況まで。年賀状二枚となりて戦友会 浚」と結ばれていた。

 小松さんは3年前、鹿児島の知覧特攻平和会館で行われた慰霊祭で、全国の遺族を代表して慰霊の言葉を述べられた。沖縄戦で散華した兄との最後の別れを振り返り、「私たち遺族は特攻勇士の尊い若い命の重さ、犠牲となられたことを心に深く秘め、国内外の恒久平和に努力する」と声高らかに誓われた。

 戦争の「せ」の字も知らないまま大人になった筆者に訥々と、真剣に語ってくださった野村さん、小松さんらのご冥福を祈りつつ、その言葉をしっかりと書き残し、伝えていくことをお誓いしたい。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る