おもてなし日本一目指そう

 旅先での楽しみといえばご当地グルメを挙げる人が多い。そこでしか食べられない料理や名物があるというだけで、観光では大きな強みになる。しかし、せっかくおいしい料理も店員の振る舞い一つで台無しになることもある。筆者も経験したことがあるが、無愛想な態度、客に対してとは思えない言動など、いくら料理自体がおしくても、おいしいと感じられなくなるのが人間の心理。店員の客に対する思いやり、おもてなしはおいしい料理のスパイスの一つ。地元を離れて観光地に行ってみると、おもてなしの大切さが身に染みる。

 御坊で開かれた経営セミナーで、講師の方が「とくに田舎では、小さな店や企業ができる差別化は店員や従業員の対応。あの店の店員さんは愛想がいいと共感されることがリピーターをつけるポイント」といわれていた。人の心を引きつけるのは、見た目、味、そして思いやりの気持ちである。人を喜ばせたいという思いがあれば見た目も味もよくなるとは少し言い過ぎかもしれないが、印象に残る重要なポイントであることは間違いない。

 御坊日高に目を向けると、これ一つで人を呼び込めるというずば抜けた観光の目玉はない。実際、観光地としてのインバウンド効果はほぼないといっていい。自然やおいしい食材など魅力はたくさんあっても、インパクトのある発信は難しい。ならば「おもてなし日本一」を目指してみてはどうか。「御坊日高はどこへ行っても、みんな愛想がよくて親切で、気さく」といわれるようなまちになれば最高の観光資源となる。御坊日高博覧会の実績もある。人をもてなすことを楽しむ、そんな人がもっともっと増えれば。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る