「いまどきの若者は…」

 「いまどきの若者は…」というのはよく聞く言葉。中高年が10代や20代の若者の言動に対し、「社会性が欠如している」、「物事に対する考えが自己中心的だ」などと嘆く時に使われる言葉だ。「このフレーズはいつの時代から始まったか」とネットで調べていると、紀元前にも同じような意味合いのことがあったという。いつの時代も中高年の若者に対する見方はあまり変わっていないのかもしれない▼では、本当に最近の若者はそんなひどい体たらくなのか。筆者も50歳となり、立派な中高年の一員。時々若者とちょっと感覚が違うのではないかと感じることも確かにあるが、言われている社会における礼儀作法などの欠如については、年齢とともにきちんと身についてくるだろうし、自己中心的ということについても良い意味で考えると自己主張ができるようになったということの裏返しでもある▼半面、スポーツの世界ではいまの若者の活躍が目覚ましい。先のワールドカップでも、強豪相手に堂々とした試合でベスト16入りを果たした。ワールドカップ出場が目標だった頃と比べると、ずいぶんと進歩したといえる。野球でもロサンゼルス・エンゼルスでプレーしている大谷翔平選手はアメリカでも二刀流で活躍し、世界から脚光を浴びている。甲子園では高校生球児が感動を与えているほか、サッカーや陸上など各種競技でも熱戦を展開。日高地方出身の子どもたちが全国や近畿などの大きな舞台で活躍している様子も連日、紙面を通じて紹介されている▼東京医科大学による入試得点操作問題、日本ボクシング連盟の不正疑惑など、大人が起こす問題の報道が後を絶たない。「いまどきの若者は」と批判していると、「中高年はこれだから」と言われてしまう。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る