苦境のまちこそ応援を

 2017年度の全国の自治体が受け取ったふるさと納税の寄付額は3653億円に上り、5年連続で過去最高を更新した。都道府県別ではほとんどが前年度を上回り、和歌山県では湯浅町が49憶5100万円を受け入れ、全国6位にランクされた。

 これと同時に総務省は、地場産品以外の返礼品は送らない、返礼率は3割以内にという大臣通知に従わず、10億円以上を集めた12の自治体を公表した。1位の泉佐野市はぶっちぎり、前年度より100憶円も多い135億円を集めた。圧倒的な品数と高い返礼率が人気の理由だが、国のいうことをきかない罰としての実名公表はそのまま、お得な寄付先の一覧でもある。

 このちょっとまぬけなニュースを見て、ダウンタウンの名作コント「西日本番長地図」を思い出した。修学旅行生が集まる京都の土産屋で、名古屋、博多、高知の番長が喧嘩となり、それぞれの名物や有名人を歌にしながら殴り合っているところへ、見るからにキャラの薄い福井県の総番長、福井一郎が割って入る。

 しかし、福井は歌にのせる名物や有名人が浮かばない。「星きれい~」などとごまかすが、3人からツッコミたおされ、挙げ句に「シュワルツェネッガー福井の生まれ~」などとむちゃくちゃな嘘をいい出し、「おまえ最低やな」と吐き捨てられる。

 ふるさと納税の寄付をする側も、制度の趣旨は理解していても、いざ寄付の際には少しでも得な返礼のあるまちに傾くのは当然。勢い、コントの福井一郎のような自治体は返礼品競争に走ってしまうが、本当に応援すべき、されるべきまちはどこか。カタログショップのようなふるさと納税サイトを検索するまでもなく、いま目の前のニュースを見ればいくらでもある。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る