美浜で和歌山ダルクの池谷さん講演

 美浜町の青少年非行防止研修会が14日に福祉センターで開かれた。一般社団法人和歌山ダルクの池谷太輔さんが「和歌山ダルクの取り組みについて~回復支援を中心に~」をテーマに語り、薬物依存から復帰した自身の体験談を通じて薬物の恐ろしさと、必要な支援で社会復帰できることを訴えた。

 ダルクは薬物やアルコール、ギャンブルなどの依存症者の支援を行っている。池谷さんは幼いころ父親から暴力を受け、14歳から20年間薬物をやめられなかったこと、34歳で「助けて下さい」とダルクに入り、回復プログラムを実践してから依存がなくなったことを説明。暴走族に入っていた中学時代等も振り返り、「人の心の中心には両親らから受けた愛があり、愛に基づいた考えや行動をする。私のように子どものころから暴力やいじめを受けると、心の中心にできた人への恨みや恐れに基づいた行動をしてしまう。解決方法が分からず、すぐに暴力を振るい、孤立し、薬物やアルコールに依存してしまう」と指摘。

 ダルクの回復プログラムで、人のせいにしていた自分から、「自分の内面に問題がある」と意識を変えられたことで、人に思いやりを持てるようになったとし、「なんでやねんと思うこともあるが、よくなれることを証明できたと思う。あきらめずやればできる」と話すと、集まった約100人から大きな拍手が起こった。

写真=自身の体験談を披露する池谷さん

関連記事

フォトニュース

  1. 世界に「YELL」を届けましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る