熱中症 日高地方でも十分警戒を

 記録的な猛暑が続くなか、全国で22日までに昨年と比べて1・7倍近い人が熱中症とみられる症状で搬送されている。なかでも16日から22日までの1週間では昨年同期比で3倍以上。日高地方でも25日、新たに2人が病院に運ばれており、御坊市と日高広域の両消防が予防対策を呼びかけている。

 総務省消防庁の発表によると、ことしの熱中症搬送は22日までで全国4万3813人(速報値)。昨年の2万6201人を大きく上回り、県内も386人で、昨年の306人から80人も増加している。特に16日から22日までの1週間は全国で2万2647人(速報値)。昨年同期の7196人を上回り、集計を始めた2008年以降最多を記録した。
 日高地方も厳しい暑さが続いており、日高広域と御坊市の両消防によると、ことしこれまでの最高気温は日高広域消防(日高町萩原)で36・4度(20日)、御坊市消防(湯川町財部)で34・8度(24日)を記録。25日には御坊市御坊で80代の男性、印南町印南原で80代の女性がそれぞれ熱中症の疑いで救急搬送された。

 これで、ことしの熱中症搬送(疑い含む)は日高広域21人、御坊市9人。日高広域では13日以降、御坊市では14日以降に急増し、25日現在、前年同期と比べて日高広域で2人少なく、御坊で同数となっている。搬送された人は、子どもからお年寄りまで幅広く、場所は屋内がやや多いという。

 予防は①暑さを避ける②涼しい服装③こまめな水分補給④急激に暑くなる日は注意⑤暑さに備えた体力づくり⑥体調に合わせた行動――がポイント。両消防では熱中症が疑われる人がいたら応急手当てとして、▽涼しい場所や日陰のある場所へ移動し、衣服をゆるめて安静に寝かせる▽エアコンをつけて扇風機やうちわで風を当てて体を冷やす▽飲めるようなら水分をこまめに取らせる――ことが大切としている。

写真=屋外で汗を光らせ作業する男性 (26日昼、御坊市内で)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る