涙は一生懸命の証し

第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会。1982年の南部以来、36年ぶりの優勝、夏の甲子園出場を目指した本紙エリア勢は準々決勝で7校全て敗退となり、少し短い夏となってしまった。選抜準優勝の智弁和歌山、春季県予選準優勝の市和歌山らの壁は厚く、またしても打ち破ることができなかった。

7校のうち南部、和歌山高専、紀央館が初戦敗退だったが、南部は2年生中心のメンバー構成ながら相手に引けを取らない打力を見せた。和歌山高専は自慢の打力こそ発揮できなかったが、1、2年生投手の力投が光り、新チームに期待を持たせる内容。昨年準優勝でことしこそ甲子園と燃えていた紀央館は不本意な結果に終わったと思うが、それでも最後まで粘り強く戦っていた。1勝した南部龍神は投手を中心に堅実にプレーし、2回戦もあと一歩の健闘。昨秋の県予選準優勝校の日高中津は市和歌山に敗れたが、実力拮抗の好ゲームを展開。中盤の勝ち越し機に一本出ていれば試合展開も大きく変わっていただろう。日高と和歌山南陵は8強入り。日高は一冬越えての成長著しく、特に打撃で練習の成果を出せていたのではないか。南陵は1期生の3年生が大活躍。主将を先頭に攻守にまとまり、チームの歴史に新たな1㌻を刻んだ。

球場に行くと、試合終了後に監督や選手に取材する時間が設けられている。この夏、その時間に印象に残ったのは「涙」だった。涙は一つのことに一生懸命打ち込んできた証しであろう。真剣に野球をやってきていなければ、泣きたくても泣くことはできないはずだ。地元の1、2年生球児も多くの涙を流していた。次は悔し涙をうれし涙に変えてくれると期待している。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る