歓喜のワールドカップに

 開幕前の静けさがうそのように、日本中が熱を帯びているサッカーワールドカップ。勝つか負けるかでこれほど盛り上がりの差があるのかとあらためて思う。予選グループ戦最終戦、ポーランド戦の日本の戦い方は賛否両論。海外メディアを中心にかなりの批判があり、実際テレビ観戦していて気分のいいものではなかった。最後の約10分だけだが、見ていて面白くないのはスポーツとしては致命傷になりかねない。ただ、個人的には、覚悟を決めて戦った日本代表を評価したい。決勝トーナメント進出という結果を出したことがすべて。ワールドカップで16強に進むことはそれだけ大きなことで、選手たちは結果を出すために必死で戦っているのだ。

 もう一つ、海外メディアで大きく注目されていることがある。日本人サポーターのゴミ拾いである。試合観戦後、スタジアムのゴミを拾ってきれいにする、日本人の美学であり、同じ日本人として誇りに思う。セネガルやポーランドのサポーターとも一緒に掃除したり、ほかの国のサポーターにも広まりつつあるという。日本のJリーグでも、ほかのスポーツでもこういうことが広がっていけばいい。素晴らしい見本である。

 ワールドカップは将来のプロ選手を目指す子どもたちも注目する大会。ポーランド戦の戦い方、心豊かなサポーターの姿を見て、感じることはたくさんあるだろう。正解も間違いもない、いろんな意味で手本にしてもらいたいと思う。さて、日本初のベスト8入りをかけて、ベルギーとの一戦が迫っている。格上相手でも、何が起こるか分からないからスポーツは面白い。子どもたちが、日本中が歓喜に包まれる戦いを見たい。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る