暮らしにとっても便利です

 日高町と㈱サイネックス(本社=大阪市)の共同発行となる、同町初の「暮らしの便利帳」が完成。今月中に町内全戸配布される。まちの各種手続きなどの行政サービスや歴史、観光など、日常生活に密着した役立つ情報を満載。町では「手の届くところに保管して有効活用してほしい」と呼びかけている。

 暮らしの便利帳はA4判、57㌻、3500部製作。地域、行政、生活の3部構成となっており、防災、各種相談、住民票・戸籍、年金・保険、子育て、福祉、健康、暮らし、税金、産業、文化・スポーツ、議会など多岐にわたり暮らしに役立つ情報を満載。写真やイラストなども交えて、知りたい情報がスムーズに探せるガイドブックとなっている。また、「山・海・暮らし」をテーマに特集ページも設けられており、熊野古道の石畳、徳本上人、クエ鍋、産湯海水浴場、黒竹などの名所、名産を紹介。わがまちの魅力を再発見できる一冊にもなっている。このほか、町内の医院や薬局のリスト、公共施設での教室開催案内も掲載。リフォームの基礎知識、葬儀とお墓と仏壇仏具の豆知識などもある。

 同町ではことし1月にサイネックスと共同発行に係る協定書調印式を行い、掲載内容の検討などを進めてきた。印刷から発行、配布に要する経費は、町内で協力を得た57事業所の広告料などで賄っているため、町の出費はゼロ。便利帳の内容はインターネットやスマートフォンでも見ることができる。町内全3100戸への配布は、同町シルバー人材センターに委託して行う。残りの部数は町で保管し、転入者らに配布する。

 便利帳の発行は、サイネックスが官民協働事業として2007年から取り組んでおり、ことし1月現在、全国で770自治体が発行済み。日高地方では、美浜と日高川町が発行し、日高町が3カ所目となった。

写真=完成した暮らしの便利帳を手にする職員

関連記事

フォトニュース

  1. 手作りもいいですね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る