暮らしにとっても便利です

 日高町と㈱サイネックス(本社=大阪市)の共同発行となる、同町初の「暮らしの便利帳」が完成。今月中に町内全戸配布される。まちの各種手続きなどの行政サービスや歴史、観光など、日常生活に密着した役立つ情報を満載。町では「手の届くところに保管して有効活用してほしい」と呼びかけている。

 暮らしの便利帳はA4判、57㌻、3500部製作。地域、行政、生活の3部構成となっており、防災、各種相談、住民票・戸籍、年金・保険、子育て、福祉、健康、暮らし、税金、産業、文化・スポーツ、議会など多岐にわたり暮らしに役立つ情報を満載。写真やイラストなども交えて、知りたい情報がスムーズに探せるガイドブックとなっている。また、「山・海・暮らし」をテーマに特集ページも設けられており、熊野古道の石畳、徳本上人、クエ鍋、産湯海水浴場、黒竹などの名所、名産を紹介。わがまちの魅力を再発見できる一冊にもなっている。このほか、町内の医院や薬局のリスト、公共施設での教室開催案内も掲載。リフォームの基礎知識、葬儀とお墓と仏壇仏具の豆知識などもある。

 同町ではことし1月にサイネックスと共同発行に係る協定書調印式を行い、掲載内容の検討などを進めてきた。印刷から発行、配布に要する経費は、町内で協力を得た57事業所の広告料などで賄っているため、町の出費はゼロ。便利帳の内容はインターネットやスマートフォンでも見ることができる。町内全3100戸への配布は、同町シルバー人材センターに委託して行う。残りの部数は町で保管し、転入者らに配布する。

 便利帳の発行は、サイネックスが官民協働事業として2007年から取り組んでおり、ことし1月現在、全国で770自治体が発行済み。日高地方では、美浜と日高川町が発行し、日高町が3カ所目となった。

写真=完成した暮らしの便利帳を手にする職員

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る