日高町の松本町長 越日交流フェスに参加

 日高町観光推進戦略プロジェクト協議会の会長を務める松本秀司町長が25日から28日までベトナムのダナンやホーチミンを訪れ、同町へのベトナム観光客誘致へトップセールスを行った。政府関係者から招待を受けて初参加となった、日本とベトナムの外交関係樹立45周年記念・越日文化交流フェスティバルでは手厚い歓迎を受け、政府要人とも面会するなどより一層の友好関係を構築。現地旅行会社を訪問して、精力的に町のPRも行った。

 同協議会が進める海外観光客誘致事業で、松本町長がベトナムを訪問するのは、昨年9月以来10カ月ぶり2度目。商工会の荊木宣雄事務局長と町産業建設課の戸上正幸係長が同行した。

 昨年訪問した際に面会したダナン市のラム・クァン・ミン外務局長と同市人民委員会のフィン・ドゥックトー委員長から招待を受けた、越日文化交流フェスティバルでは、26日の開会式と歓迎会に出席。ベトナム側からは外務省、文化スポーツ局、観光局、交通運輸局など政府要人、日本側からは日高町のほか、長崎市、堺市、釧路市、横浜市、ダナン日本商工会議所、ジェトロの関係者らが顔をそろえ、両国の一層の交流と友好を誓った。日本の出席者全員には、在ベトナム日本国大使館の梅田邦夫特命全権大使から歓迎の花束、ミン外務局長から盾も贈られた。

 松本町長はさらにこの2人との面会も行った。同プロジェクト協議会では、日高高校の学生が来年1月に海外研修プログラムでベトナムを訪問する際の橋渡し役を担っており、その旨を聞いた梅田大使からは「私は日高高校創立100周年事業に携わった経験がある。学生がハノイに来るならぜひ大使館に立ち寄ってほしい」との申し出も受けた。昨年も会ったミン外務局長とは、より一層親交を深める機会となった。同フェスティバルは29日まで行われ、日本の文化が体験できる多彩なブースを開設。日高町はベトナム語のパンフレットを配布しPRした。

 旅行会社のHISホーチミン支店や同ダナン支店も訪問して、さらに同町へのツアー商品を企画するよう要望。JVアジア㈱ホーチミン支店では、マーケティングマネジャーに近く来町してもらう約束も取り付けた。

 ベトナム訪問を終えて松本町長は「交流フェスティバルでは素晴らしい歓迎を受けて感動するとともに、現地の若者のエネルギーを感じた。離れた国と国との交流には、まず互いの信頼関係を築いていくことが大切。一歩一歩前進しながら互いの友好をしっかり深め、日高町へ来てもらえるようにしていきたい」と話していた。

写真=越日交流フェスで歓迎の花束を手にする松本町長(右から2人目)、梅田大使(同4人目)ら

関連記事

フォトニュース

  1. わざわざありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る