御坊市民教養講座 清水健さんが講演

 2018年度第1回市民教養講座が30日に開講。「シミケン」の愛称で親しまれた元アナウンサーの清水健さんが講師を務め、「大切な人の『想い』とともに~112日間のママ~」をテーマに語った。結婚生活わずか1年9カ月だった妻の奈緒さんとの日々を映像で紹介、涙ぐむ観客の姿も。「マイク1本握らせてもらえればどこへでも行って、ありのままの思いを話したい。大変な思いをしながら頑張っている人達に『一人じゃない』と伝えたい」の言葉に拍手が送られた。

 冒頭で奥幹夫教育長が開講のあいさつに立ち、「市民教養講座はことしで40年」と長年の利用に感謝した。続いて清水さんが登場。舞台には演壇など何も置かず、マイク1本を手に観客に語りかけるように講演を始めた。

 清水さんは日本テレビのアナウンサーとして長年勤め、スタイリストだった奈緒さんと結婚。妊娠がわかり、健診で乳がんが発見された。どの医師を訪ねても「今回の妊娠は諦めては」と言われたが、2人で話し合って「3人で生きる」道を選択。手術で腫瘍を除去して出産、抗がん剤治療をすることになった。無事に元気な男の子が生まれ、幸せな日々を過ごしたが、やがて転移が見つかり、3カ月の長男を残して帰らぬ人となった。講演では「今でも、なぜ横にいてくれないんだろうと思います。転移がわかった時、ぼくは大声で泣きました。でも、奈緒は涙を見せなかった。ずっと笑顔でいてくれました」とかみしめるように語り、「思いは見ることも触ることもできません。でも、感じること、広げていくことができます」と力強く訴えた。マイクを通さず、肉声で叫ぶように「大切な人を亡くした方、今現在、病と戦っている方、ご家族を介護している方、皆さんは決して一人じゃありません。ぼくも、ありのままの今の自分を見ていただきたいという思いで全国でお話していますが、皆さんの温かさに力を頂いています。この御坊で頂いた力を、また次へと広げていきます」とメッセージを送った。

 現在、3歳半になった息子について「朝の6時半からベランダにプールを出して、思いきり遊びます。遊び始めるとエンドレスです。幼稚園へ行くのを嫌がるので毎朝通園バスまで抱えていっていたのが、やっと自分で歩いていけるようになり、沿道のお母さんたちから拍手してもらった」と、困らせられながらも「めちゃめちゃかわいい」と話し、笑いを誘う場面もあった。

写真=息子との日常を話す清水さん

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る