市民教養講座で伊藤聡子さん講演

 2018年度第2回市民教養講座が14日、御坊市民文化会館大ホールで開かれ、フリーキャスターで事業創造大学院大学客員教授、伊藤聡子さんが「地域経済の活性化が、日本の元気を取り戻す鍵」をテーマに語った。

 「ひるおび」などでおなじみの伊藤さんは明るい笑顔で登場し、「御坊は初めてです」とあいさつ。歯切れのいい口調で、日本が直面する課題についてグローバルな視点で解説した。機能や人口の東京への一極集中、急激な生産年齢(15~64歳)の減少と高齢者の増加、食糧・エネルギーの自給率の低さ、異常気象と次々に問題を挙げ、「地方は人が減って不幸、東京は未来に希望が持てなくて不幸な状態です」と説明。「地方には切迫した危機感があり、そういうところから革新が起こることは歴史が物語っています」と、地方の中小企業の成功例を紹介した。郷里の新潟県のいちごカンパニーでは、ブランドいちごの「越後姫」が軟らかすぎて遠方に出荷できなかったが、1人の女性が「実がなっている状態を再現して、そのまま運んだら」と提案。1粒ずつ透明な袋の中に浮かんでいるようなパッケージで売り出すと「かわいい」「プレゼントにぴったり」と女性に大人気で完売した。そのほか多彩な事例について、現地に足を運んで取材した関係者の生の声を交え分かりやすく語った。御坊が花の産地であることからエディブルフラワー(食べられる花)の商品開発成功例も紹介。「御坊の未来に、日本の未来もかかっています。足元をじっくり見て、発見して下さい」と呼びかけ、大きな拍手が送られた。

写真=笑顔であいさつする伊藤さん

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じになってきました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る