居てます芸人42号線ていいますねん

 大阪出身で御坊市在住の佐野将徳さん(35)と塩屋町南塩屋の今福嘉紀さん(35)がコンビを組む「御坊に居てます芸人42号線」が、日高地方のイベントを中心に活躍している。ボケ担当で吉本興業のNSC卒業の佐野さんがネタを作り、ツッコミの今福さんと息ぴったりの漫才やコントを披露し、人気上昇中。「多くの人に集まってもらえる芸人になって、御坊を盛り上げたい」とやる気満々だ。

 佐野さんはNSC27期生で、卒業後も数年間、お笑い芸人としてアルバイトしながら頑張っていたが3年前、結婚を機に引退。笑いの道をあきらめ、妻の実家がある御坊へ移住してきた。商店街はシャッターを下ろした店が多く、「なんとか活気を取り戻せないか」と考え、もう一度笑いをやりたい思いも湧いてきて「お笑いで御坊を元気にしたい」と職場の同僚の今福さんにコンビ結成を相談。今福さんはお笑いの経験はなかったが、快諾してコンビが誕生。御坊を通る国道からコンビ名を取った。

 本格的に活動し始めたのは1年前。2人とも結婚して子どもがいるため、家庭には迷惑をかけないようにと、仕事や子育てがひと段落した夜中に日高港湾に集合してネタ合わせするなど努力を重ねている。テンポのいいしゃべりと、御坊弁やご当地ネタを取り入れた漫才は少しずつ評判になり、団体の会合やイベント等への出演依頼も増えてきた。「まだまだ未熟なので、自分たちの形を作っていきたい」と笑いに対してひたむきで、「人を見たけりゃ御坊祭、笑いみたけりゃ42号線といわれるようになりたい」と笑う。

 トレードマークのえんじ色の衣装を作り、名刺には御坊出身の画家に描いてもらったイラストを入れるなど、地元愛がいっぱい。「御坊が大好きなので、M1で優勝しても東京には行きません。御坊で頑張ります」とし、「この前もイベントの司会者に『18㍍道路さん』と呼ばれました。まずは顔と名前を覚えてもらえるように、どんな仕事もこなしていきたい。いつかは御坊で単独ライブをやりたいし、将来は御坊市民栄誉賞をもらえるような芸人になりたい」と張り切っている。

写真=テンポのいいしゃべりで笑いを誘う佐野さん㊨と今福さん

関連記事

フォトニュース

  1. バラエティー豊かに

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る