変革は地方から起こる

 ことしの第2回市民教養講座講師は、当初の予定だった道上洋三氏に代わり、フリーキャスターで事業創造大学院大学客員教授の伊藤聡子さん。テーマは地域経済の活性化。中身が濃く、面白い講演だった◆中身が濃い、と感じたのは、挙げられる事例が豊富で多彩なこと。高齢者のニーズに応え業績がV字回復したバス会社、子どもたちのアイデアを取り入れ大ヒット商品を生んだ食品会社、病院のベッドに見守り機能をつけ看護師の負担を軽減した介護関連の企業等々、すべて地方の中小企業の成功事例だ◆その前に、日本が直面する課題が示された。人口と機能の首都一極集中、異常気象、高齢者の急増と生産年齢人口の減少…どれも簡単に解決のつかない問題だが、「課題=チャンス」だと伊藤さんは言う。「切迫した状況で追い詰められている『地方』からこそ変革は起こる」と◆テレビでも有名な、チョーク生産のシェア日本一の日本理化学工業㈱は、社員の70%が知的障害者。工場を山口県か北海道美唄市か決める際、ほぼ山口に決まっていたのに「美唄の障害者に働く喜びを教えて下さい」という言葉に社長が心を動かされ、周囲の反対を押し切って美唄に決めた。するとその地で大量に廃棄されていたホタテの貝殻が、のちに同社の主力商品となる「ダストレスチョーク」の原料に最適と分かる。「鳥肌が立ちました」と伊藤さん。それを聞くこちらも鳥肌が立つような感動を覚えた◆事例はすべて、伊藤さん自身が現地で取材。関係者の生の声を聞いたからこそ、言葉から彼等の熱意が伝わる。「活性化の鍵は女性の活用」と最後に訴えていた。女性は共感力が高く、顧客に寄り添った視点でみられる。この講演そのものが「共感」の力を表すようにも思えた。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. バラエティー豊かに

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る