土用の丑にウナギ…

 ことしは20日が土用の丑(うし)の日。全国各地で35度を超える猛暑日を記録、日高地方でもうだるような暑さが続く中、ウナギでも食べてスタミナを付けたいところ。ビタミンA、B、D、Eのほか、DHA、EPA、ミネラルなども豊富に含み、カルシウムと一緒に摂取することで骨粗しょう症予防にもなる美味な食材だ。

 しかし、ことしは稚魚の「シラスウナギ」が歴史的な不漁だそうで価格が高騰。御坊市のスーパーなどで見ても、中国産は1000円以内で売っていたが、国産だと2000~3000円はする。あまりに高すぎて消費者がウナギの購入を敬遠。在庫が余って逆に価格が安くなるのではないかという予想もあるが、いまのところそういった値動きはなさそう。日高川の天然ウナギも近年、少なくなっているようで、高嶺の花となっている。

 日本国内で流通している国産ウナギの99%以上は養殖だが、いまのところ養殖には天然のシラスウナギを100%使っている。つまり、タイやマグロ、クエなどのように、完全養殖が実用化されていない。ただ、ウナギ完全養殖の技術自体は確立されている。水産研究・教育機構増養殖研究所が2010年に世界で初めて、人工親魚から採取した卵から育てることに成功。今後の課題は大量生産の技術開発で、20年の実用化を目指している。いかに生産コストを抑えるかも問題だという。

 近年、ウナギに限らず、サンマやマグロ、アユなど海や川の天然資源の枯渇が問題になっている中、重要視されているのが「つくり、育てる漁業」。土用の丑の日には、庶民でも安くウナギが食べられるよう、大いに期待している。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. わざわざありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る