土用の丑にウナギ…

 ことしは20日が土用の丑(うし)の日。全国各地で35度を超える猛暑日を記録、日高地方でもうだるような暑さが続く中、ウナギでも食べてスタミナを付けたいところ。ビタミンA、B、D、Eのほか、DHA、EPA、ミネラルなども豊富に含み、カルシウムと一緒に摂取することで骨粗しょう症予防にもなる美味な食材だ。

 しかし、ことしは稚魚の「シラスウナギ」が歴史的な不漁だそうで価格が高騰。御坊市のスーパーなどで見ても、中国産は1000円以内で売っていたが、国産だと2000~3000円はする。あまりに高すぎて消費者がウナギの購入を敬遠。在庫が余って逆に価格が安くなるのではないかという予想もあるが、いまのところそういった値動きはなさそう。日高川の天然ウナギも近年、少なくなっているようで、高嶺の花となっている。

 日本国内で流通している国産ウナギの99%以上は養殖だが、いまのところ養殖には天然のシラスウナギを100%使っている。つまり、タイやマグロ、クエなどのように、完全養殖が実用化されていない。ただ、ウナギ完全養殖の技術自体は確立されている。水産研究・教育機構増養殖研究所が2010年に世界で初めて、人工親魚から採取した卵から育てることに成功。今後の課題は大量生産の技術開発で、20年の実用化を目指している。いかに生産コストを抑えるかも問題だという。

 近年、ウナギに限らず、サンマやマグロ、アユなど海や川の天然資源の枯渇が問題になっている中、重要視されているのが「つくり、育てる漁業」。土用の丑の日には、庶民でも安くウナギが食べられるよう、大いに期待している。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る