健康と向き合おう

 厳しい暑さが続くなか、自室のクーラーの調子が悪くなった。22年前に取り付けられたもの。夜につけても涼しさを実感するのは朝になってからという日が続いた。ある日、腹痛で目が覚めた。トイレに行っても便は出ず痛みは背中へ広がっていく。2年ほど前に患った腎結石とよく似た症状。脂汗をかきながら辛抱し、のたうち回ったが、シャワーを浴びると治まった。いったい何だったのか、心当たりがあるとすれば冷え。パンツ一丁で寝たのがまずかったのだろう。38回目の誕生日はそんな朝だった。

 先日、健康診断を受けさせてもらった。ことしから採便と胃部レントゲンがあり、採便は子どものころ以来で2日間にわたることを知らず大慌て。胃部レントゲンでは生まれて初めてバリウムを飲んだ。バリウムは大変と聞いていたが飲むのは平気。しかし、下剤の効きが悪かったのか、当日から翌日、翌々日までお腹の調子はよくならなかった。冒頭から汚い話ばかりで申し訳ないしだいである。

 さて、健診の結果はまだだが当日、昨年と比べて体重が5㌔も増えていた。友人の健康運動指導士が言う。「摂取カロリーが、消費より多ければ太り、少なければやせる。簡単なこと」。分かっているつもりだったが数字はうそをつかない。ダイエットに取り組まなければと思う。摂取カロリーを抑えるだけではよくないし、「これを食べればやせられる」「これは体にいいから」とストレスになるのもダメ。バランスのいい食事を心がけ、適度な運動をし、ゆっくり、じっくり健康的に体重を減らしていきたい。一の位を四捨五入すると40歳。病気自慢をしないよう、健康と向き合おうと思う。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る