今夜はスーパーマーズ

 きょう31日の夜、「スーパーマーズ」が見られるそうだ。15年ぶりに地球に大接近し、大きく明るく輝く火星。マーズとは火星の英名で、ローマ神話の軍神からきている◆140年前にも火星の大接近があった。西南戦争の頃で、強い光を放つ赤い星を人々は「西郷星」と呼んだという。この地球の隣りの星に、人類はいろんな夢を描いてきた。ウェルズの「宇宙戦争」に始まり、幾多の作家が火星人の存在を筆にしている。折しも、「火星の地下に大量の水が液体状で存在する可能性がある」との論文が科学雑誌で発表されたとか◆国民的人気漫画「ドラえもん」にも火星人の登場するエピソードがある。タイトルは「ハロー宇宙人」。のび太とドラえもんは未来の道具を駆使して火星に火星人を誕生させ、スーパー進化放射線を遠隔操作して宇宙飛行ができるまでに進化させる。火星は地球の半分の大きさで重力も小さく、火星人の体格は地球人に比べかなり小さい。記念すべき第1号の宇宙飛行士は、カップ焼きそばの容器ほどのかわいらしい円盤型宇宙船で、誰にも気づかれず地球へやってくる。しかしのび太をいじめるジャイアン、テレビの戦闘シーンに歓声を上げて見入るのび太の姿を見て「地球人がこんなに好戦的で野蛮だったとは。とても地球の隣りにはいられない」と、第2の故郷を探して飛び去ってしまう◆地上では、いつもやりきれないようなことが起こっている。現実とかけ離れたことに思いを飛ばし、元気を得るのは心にとって、必要なことなのだ。7800万㌔の距離も、遥かな未来までの時間もやすやすと納めてしまえるのが人の心の器量。異星人が来訪しても恥ずかしくない平和な地上世界を築くこともいつかは可能かもしれない。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る