マスターズ甲子園 日高中津が県代表に

 元高校球児が母校のユニホームを着て、再び甲子園を目指すマスターズ甲子園の県予選大会は8日、紀三井寺公園野球場でベスト4が激突し、日高中津が初優勝。11月に開催される「甲子園」出場を決めた。決勝は日高中津の「若アユ打線」が爆発し、田辺に13―12で逆転勝ち。ナインは優勝旗を手に校歌を響かせた。

 和歌山での地方大会は初の開催。試合は1回から5回までを34歳以下が戦い、6回からは35歳以上が出場した。

 決勝は日高中津が初回、渡邊、中原の連続適時打などで3点を先制し、2回には小早川の左2ランなどで4点を追加。6回に逆転を許したが、7回に大江の左前適時打で1点差に迫り、8回無死満塁から横貫の三塁への当たりが2点適時失策を誘って再び試合をひっくり返すと、さらに暴投と押し出し四球でリードを広げた。

 守っては、先発の神谷から嶋上、中野、岩井、玉置、北山まで6人が継投。8回、1点差に詰め寄られ、なおも2死二、三塁とされたが、北山が三振に切って取り、この回で時間切れとなった。

 甲子園出場が決まった瞬間、ナインはベンチを飛び出し、マウンド上で喜び爆発。表彰式後、垣内邦夫元監督を胴上げした。

 準決勝の結果は田辺9―8耐久(延長10回)、日高中津8―5市和歌山。第15回となるマスターズ甲子園は11月10、11日に阪神甲子園球場であり、日高中津は2日目に徳島県代表と対戦する。

 細峪規良監督は「大勢が集まり、みんなの力が合わさった結果。甲子園は高校卒業後も憧れの舞台。楽しんでプレーしてきたい」と大喜び。11日に開幕する第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会を前に後輩へ「OBみんなで応援するので、練習の成果を思い切り発揮してほしい」とエールを送っていた。

 日高中津のメンバーは次の皆さん。

 細峪規良(監督)、嶋上和希、鈴木寿旭、平松陽介、方森孝路、東正満、渡邊敬之、瀬川洋司、本田亮律、阿比留将夫、桝井浩行、藤川雄太、黒田圭祐、松元靖寿、小早川圭、杉山学、湯上彰浩、中野達樹、阪口晃次、松下尚則、榎本慎示、神谷弘樹、津村陽介、正木康喜、舟木幸広、弓場大樹、友國剛志、羽佐拓真、丸山秀作、友國弘規、坂口雅映、西出航志朗、北村太志、古久保敦哉、仲未知香、松下祐希、瀧本剛士、中戸洸太、井上翔太、吉田隆生、中原久、森春樹(以上34歳以下)、垣内邦夫、坂口年哉、相台真吾、原宗隆、塩崎公司、岡本平、仲道生、飯村匡宏、北山和也、加藤大雄、仲千治、岩井聡史、田中貴信、西賢志、大江広真、大串隆、横貫吉紀、市木直弘、山本祐、島和也、辻本和豊、本田智宏、谷口佳隆、中元英隆、伊藤勝、古泉渉、南谷将孝、越本智博、坂本和史、玉置信賢、岡田浩儀、山本誠司(以上35歳以上)

写真=優勝旗を手に日高中津ナイン

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る