ホタルで観光の活性化へ

 ちょっとシーズンを過ぎてしまったが、ホタルが近年めっきりと少なくなってしまった。30年ほど前にはどこにでも飛び交い、決して珍しいという光景ではなく幻想的な輝きを至るところで放っていた。川の近くはもちろん、時には家の中まで入り込んで来るほどだった。しかし、近年ではその姿が特別視されるようになっている。

 田辺市龍神村でも2011年に発生した紀伊半島水害で激減したという。観光で訪れた宿泊客らから「以前見られたホタルはいなくなったの?」などという声があり、地元の旅館関係者6軒で結成する「龍神お宿の会」が復活に向けて立ち上がった。14年から本格的に取り組みを始め、人工の養殖池を設置。3年ほど前から成果が表れ、昨年から小家地内で観賞会が開かれている。ことしも、小雨が降るあいにくの天候となったが大勢が来場し、「こんなに近くで幻想的な乱舞を見るのは久しぶり」と昔を思い出しながら楽しんだ。

 龍神村は観光が産業の大きな柱。その意味では、まず人が集まらないことには地域の活性化にはつながらない。日本三美人湯の温泉、自然豊かな日高川などが有名だが、ホタルも観光資源となり得る時代。温泉につかりながら日高川周辺で幻想的な風景が見られればインパクトも強い。

 今回、龍神で開催されたホタル祭りの主催は「ホタルとともに光かがやく龍神村実行委員会」(切林英治会長)。切林会長は「最初は復活だけを考えていたが、いまは地域おこしになればと思う」と話す。ホタルが飛び交う光景は大きな財産。日本を訪れる海外からの観光客も増えているなか、外国人を呼び込む材料としても使える。小さな山里の輝きが世界で注目される。そういうこともあるかもしれない。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じになってきました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る