プリン体ゼロでもご用心

 昔はぜいたく病と呼ばれた痛風。豊食の時代にあっては、患者数が年々増加しており、現代病とも言えるらしい。原因は偏った食生活に伴う尿酸値の向上や運動不足である。

 先日、筆者に年に1回の健康診断の結果が届いた。中年ともなると日頃の不摂生がたたって何かと数値が気になるが、実は前から尿酸値がやや高く、今回も基準値を超えていた。再検査を要するほどではないが、改善する方がよいに決まっている。

 尿酸値の上昇はプリン体という成分が原因。プリン体が肝臓で分解されると尿酸が作られ、血液とともに腎臓に運ばれて体に再吸収または尿から排せつされる。排せつ量は毎日一定だが、何らかの原因でバランスが崩れると血液中の尿酸が溶けきれなくなり、結晶化して定着。これが暴飲暴食や激しい運動、ストレスなどをきっかけに剥がれると激痛が起きる。

 そのやっかいなプリン体は、さまざまな食品に含まれているが、体内にあるプリン体のうち、食品から取り込んでいるのは20%ほど。残り80%は体内で作られている。だからと言って当然、好きなものを好きなだけ食べていいわけではなない。尿酸の合成を促進する果糖が含まれる食品や高プリン体のレバー、白子、エビ、イワシ、カツオなどは控えるべき。そして、アルコール飲料には要注意。仮にプリン体ゼロのビールでも、アルコール自体に尿酸が尿として排出されるのを阻害する作用があるらしい。プリン体を含まない焼酎やウイスキーも同じ。考えてみれば筆者はレバーやカツオが大好物だし、晩酌にビールは欠かせない。連日、うだるような猛暑の中、ついついクイッと一杯いきたくなるが、控えめにしなければ。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力をPRします!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る