ファイヤーサンダー ABCお笑いGPで優勝

 ダウンタウンやナインティナインら人気芸人を多数輩出してきた若手お笑い芸人の登竜門、ABCテレビ「第39回ABCお笑いグランプリ」が8日、大阪朝日放送で行われ日高町池田出身、東京在住の﨑山祐さん(27)のコンビ「ファイヤーサンダー」が見事優勝。ツイッターでの宣言通り、見事、有言実行の優勝となった。

 ABCお笑いグランプリは芸歴10年以内の若手芸人たちが繰り広げる、漫才・コント・ピン芸なんでもありのお笑いの〝異種格闘技戦〟。

 今大会には570組がエントリーし一次予選、60組での最終予選を通過した12組が決勝に進出。4組ごとのブロック戦、勝ち残った3組での最終戦で競った。

 ファイヤーサンダーはゆりやんレトリィバァ、からし蓮根、フタリシズカとBブロックで対戦。2人の代表作でもあるダイイングメッセージのコントを披露。「クプクドゥブフ」のフレーズが大ヒットし会場は大爆笑。審査員7人中、藤本敏史さん(FUJIWARA)、小沢一敬さん(スピードワゴン)、柴田英嗣さん(アンタッチャブル)、陣内智則さんの4人が1位と審査し、ブロック戦を通過した。

 最終は、東京ホテイソン、﨑山さんらとNSC大阪同期の蛙亭と対戦。無人島に不時着した飛行機の生存者をテーマにした独創的でドラマチックなコントで他の2組を破った。兵動大樹さん(矢野・兵動)は「ネタの運びがいい」と評価し、﨑山さんの憧れの芸人である陣内さんからも「面白い」と好評だった。

 優勝が決まった瞬間、2人はガッツポーズ。﨑山さんは「これまで東京(事務所の芸人)の優勝はなく、からし蓮根などの強敵もいて、1㍉も優勝できると思っていなかったのでびっくりしました。放送のあと、芸人関係や地元からお祝いのラインが100件くらいきました」と笑顔。ふるさと日高地方のファンに向けては「これからも応援お願いします。次の目標はキングオブコント優勝です。地元でネタをする機会があればぜひ行きたいです」と話している。

 今回の優勝を受け、父の﨑山武司さん(54)も大喜び。「優勝できたのは多くの皆さんのおかげです。今後テレビで活躍することに期待したいと思います」と笑顔で話していた。

 キングオブコント2018(秋に放送予定)は7月2日から1回戦が始まっており、ファイヤーサンダーは通過し、8月の2回戦に挑む。

写真=優勝に喜ぶファイヤーサンダー(右が﨑山さん)

関連記事

フォトニュース

  1. わざわざありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る