アジア・オセアニア高校生フォーラムが閉幕

 県の第4回アジア・オセアニア高校生フォーラムの全体会が27日に県民文化会館で開かれ、20カ国・地域や国内の高校生らが参加し、分科会で話し合った内容の総まとめを行った。日高からは2年生の小早川ありささん、鎰谷美夢さん、岡久鈴乃さんの3人が参加。それぞれ役割を果たし、フォーラムを成功させた。

 フォーラムは24日の開会式でスタート。25日に世界遺産ツアー、26日に分科会を行ってきた。今回のフォーラムは津波・防災対策A、同B、環境問題、観光・文化、教育の5つのテーマがあり、海外20カ国・地域の20人、県内外高校生25人の計45人がいずれかのテーマを担当。分科会ではテーマごとに意見交換し、日高は中国やニュージーランドの生徒らと津波・防災対策Aで協議してきた。

 全体会では、鎰谷さんが司会を担当。小早川さんが津波・防災対策Aを代表して、各国や学校の内容を紹介。岡久さんが今後の日高の取り組みについて話し、「いま防災マニュアル作りを進めており、今後、11月の防災訓練までに完成させ、生徒や地域の人と共有していきたい」と述べた。3人とも言葉は英語で、きれいな発音で堂々と発表や意見を述べた。

 全体会を終えて3人は、「無事役割を果たすことができてよかったです」と胸をなでおろし、「船を使った避難所など、私たちでは思いもよらない意見もあり、いろんな国や地域の人が意見交換する大切さを感じました」。交流については「話したいことがあるのになかなか英語が出てこなくて、悔しい思いをしました。もっと英語を勉強したい」と英語力向上へ意欲を見せていた。

写真=司会の鎰谷さん㊧と日高の席に座る岡久さん(右から3人目)

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る