「完全燃焼」がくれる力

 2002年の日韓大会以来、4年に1度だけテレビで試合に釘付けになるミーハーサッカーファンである。ルールや戦術などろくにわからない素人だが、「勝負」というドラマが大好きなので、今回も日本代表の試合はすべてリアルタイムで観た◆ポーランド戦では、日本がボール回しの果てに敗北した瞬間からコロンビア―セネガル戦にチャンネルを変え、日本の戦いより1分だけ長かった試合を見守った。今にもセネガルがボールをゴールに蹴り込むのではと、心臓が口から飛び出しそうだった。釈然としなかったが、決勝トーナメントという大舞台で完全燃焼してもらうためと自分を納得させた◆8年前の南アフリカ大会直前、本田圭佑と、ドイツ大会後引退した中田英寿の対談を見た。中田が「自分は完全燃焼できないまま終わってしまったが、そうはならないでほしい」と話すと、その瞬間本田の顔が変わったようだった。そしてベスト16入りに貢献した本田。「完全燃焼」という言葉は筆者にとって、観戦するうえで重要なキーワードになった◆今大会では、特に長友佑都選手に注目した。著書の「ロシアでのワールドカップは忘れてきたもの、置いてきたものを取り戻す舞台だ。あまりにも大事な忘れ物なので、絶対に取り返さなくてはならない」との言葉が印象に残ったためだが、ベスト8のかかったベルギー戦まで4試合、長友は誰よりも走っているように見えた。ベルギー戦はあと数十秒で延長戦というところで逆転され終了。直後の取材は見ていられない思いだったが、長友は「全てを出した。悔いはない」ときっぱり言ってくれた。完全燃焼した顔だった◆「全力」はそれだけで誰かの力になる。勝負というドラマの行方以上に、熱くさせてくれた日々だった。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 玉に全集中してな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る