「すてぶすとん」へようこそ!

 美浜町の地方創生事業の一つ、「日の岬・アメリカ村の再生とふるさと教育」で整備された「アメリカ村レストラン」「アメリカ村ゲストハウス」「カナダミュージアム」の3施設は、そろって14日にオープンすることが決まった。初日は午前10時からレストラン前でオープニングセレモニーがあり、森下誠史町長、事業を進めてきた日ノ岬・アメリカ村再生協議会(中牧弘允会長)メンバーらが出席してくす玉開きが行われる。

 レストランは三尾公民館2階で、テーブルとカウンター計二十数席。店名は、移民の先駆者・工野儀兵衛が最初に渡ったカナダの港町「スティーブストン」にちなみ、「すてぶすとん」と名づけられた。メニューはサーモン丼、もち鰹定食、シラス丼定食(以上オープン特別価格1000円)、アルコール類、ドリンクなど。定休日は火・水曜日。営業時間は正午から午後9時まで。

 ゲストハウスは同館すぐ北の古民家「遊心庵」を改修。カナダから帰国したカナダ移民が1933年ごろに建てた建物で、6畳2部屋、4畳半4部屋、ダイニングキッチン、洋室などがある。しばらくの間は貸し会場のみの営業。料金は半日5000円、一日8000円。宿泊は今秋から営業を開始する。

 カナダミュージアムは三尾公民館南30㍍ほどにある古民家「野田邸」を改修。移住文化の象徴として残存する建物内に移民の歴史を紹介するパネル、当時使用されていた衣類、カナダから持ち帰られたミシン、蓄音機などが展示され、カフェコーナー(カフェ・メイプル)も設けられている。営業時間は午前10時から午後4時まで。定休日は火曜日と年末年始。入館料150円(コーヒー100円割引券付き、中学生以下無料)。

 3施設の指定管理者は、特定非営利活動法人日ノ岬・アメリカ村(谷進介理事長)。8日には三尾区民や関係者を対象に内覧会が開かれ、谷理事長は「期待8割、不安2割の気持ちですが、オープン後は三尾の皆さんとともに活性化のためにまい進していきたい」と話していた。問い合わせは同法人℡0738209015。

写真=アメリカ村レストラン

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る