SNSのデマの拡散に注意

 ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の一つTwitter(ツイッター)。文章や画像などを簡単に投稿でき、目の前で起こったことをすぐにネットに公開できる。SNSの中でも最も速報性が高いサービスだろう。筆者も事故や火事情報をチェックしたり、スポーツの結果などは公式サイトより早く観戦者が公開してくれるので、参考情報として利用することがある。
 18日朝、大阪府北部を震源とする地震が発生。スマホなどの地震速報が鳴り響き、身構えた人も多かっただろう。御坊市では揺れは大きくなく、大した地震でないのだと思ったが、ツイッターで検索すると大阪での被害の大きさに驚かされた。
 自身の家や店舗で、食器や商品などが散乱している様子を撮影して投稿している画像が多く、大阪での揺れの大きさを感じた。時間がたつにつれ投稿画像はどんどん増えていった。駅の案内板が落下したり、また京セラドームに亀裂が入ったという写真など。知っている人も多いと思うが、京セラドームの亀裂はその後、拡散されて多くの人が知ることになったが、結果的にデマだった。あるいはドームに組まれた足場を見た人が勘違いしたのかもしれない。このほか「京阪電車が脱線している」「シマウマが脱走した」「外国人が盗みを働く」などデマや誤った情報が錯綜した。
 いずれも1人が発するだけなら大した問題でないが、さまざまな人が拡散した結果、大事となった。災害時は、情報が何より重要となり、その入手のために必要なツールとなるSNS。万が一の際、その有効性を発揮できるためにも、情報の信憑性をしっかり見定め、不用意に未確認情報を拡散しないよう心がけよう。   (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る